ブランクからの復職準備「自分のペースで勉強する」

復職までの流れを紹介します

介護職にブランクがある人に向けて復職に役立つ情報を紹介するサイトです。介護職に復職するなら現状を把握し、事前準備をしなくてはいけません。準備が整ったらパート勤務も視野に入れながら転職を検討しましょう。なお、当サイトに関するご質問やご不明な点はこちらからお願いします。

2017.06.07

勉強をしてモチベーションを上げよう

勉強をしてモチベーションを上げよう

復職する際にはなにかしらの不安を抱えながら復職する人も少なくないでしょう。その不安を少しでもなくし、スムーズに復職したいなら事前に勉強しておくことをおすすめします。勉強することで不安や戸惑いを減らし、モチベーションを上げることができます。


ブランクの不安を払拭する

復職する際はブランクの間に起った変化に対応できるか、ついていけるか不安に思う人も少なくありません。その不安を少しでも払拭するために勉強して復職に備えるようにしましょう。勉強することでその空白期間を取り戻すことができます。また、勉強は復職の際にのみ必要なわけではありません。社会人として働いている以上、常に勉強していないと日々目まぐるしく変わる世の中についていくのが難しくなります。勉強することで知識も増えさまざまな仕事に対応することができるようになります。ステップアップを考えているなら日々の勉強は欠かさないようにしましょう。
何を勉強すればいいのかわからなければ、まずは資格の勉強をしてみてはどうでしょうか。資格の勉強は最新の情報と必要な知識を学ぶためにも最適です。ブランクの間の変化を不安に思うなら現状を知るためにも資格の勉強をしてみましょう。ブランクを埋めるだけでなく資格も取得することができれば、復職も有利に進めることができます。

無理をせず自分のペースを保つ

勉強することで仕事に対してのやる気が出てくるためモチベーションも上がり、前向きに取り組むことができます。特にすぐに応用できそうな勉強は復職後の仕事の効率化にもつながるため、勉強を続ける原動力にもなります。しかし、いくら仕事に関連しているとは言え、勉強ばかり続けていてはあまり変化もなくいずれ飽きてしまい、モチベーションの低下にもつながってしまいます。そうならないためにも、勉強する際はペース配分に気をつけるようにしましょう。
勉強の時間を多く取るのではなく、続けることを目標に自分のペースを保って勉強するといいでしょう。早くブランクを埋めようと多くの時間を費やしてしまうと、勉強する量を増やすことはできるかもしれませんが、その時間を確保するために他のことにしわ寄せがいってしまい、かえって忙しくなってしまったり、時間が長過ぎて集中力が続かなくなってしまうかもしれません。無理なペースで勉強してしまうと気持ちが焦って精神的に追い込まれたり、体にも負担をかけ体調を崩したりと心身に影響が出る可能性があります。勉強を続けるためにも無理をしてはいけません。