介護職に復職するならまずはブランクの不安をなくそう

復職までの流れを紹介します

介護職にブランクがある人に向けて復職に役立つ情報を紹介するサイトです。介護職に復職するなら現状を把握し、事前準備をしなくてはいけません。準備が整ったらパート勤務も視野に入れながら転職を検討しましょう。なお、当サイトに関するご質問やご不明な点はこちらからお願いします。

ブランクからの介護士復職について

ブランクからの介護士復職のトピックス

ブランクがあっても大丈夫

介護職は年齢や経験は特に問われないため、さまざまな年代の人が働いています。また、慢性的に人材不足に陥っているため経験者は即戦力として期待されています。そのため、採用の確率が高いので復職しやすい環境だと言えますが、ブランクを不安に思っているのならまずはパートとして働いてみるといいかもしれません。勤務時間が短いので、仕事に慣れるまでのリハビリとして最適です。将来的に正社員を目指すならパートではなく紹介予定派遣という働き方もあります。

復帰に備えて規則正しい生活を

ブランク期間は時間に追われることが少ないため、生活リズムを特に意識することはないかもしれません。しかし、仕事を始めるとなると出勤時間に合わせた行動など、今までと同じような生活リズムで過ごすことは難しくなるでしょう。生活リズムが崩れたまま慣れない環境に身を置いていると負担がかかってしまい、体調を崩すきっかけにもなりかねません。まずは生活リズムを整えて、復職後の環境にも対応できるようにしておきましょう。生活リズムを整える方法として質の高い睡眠の取り方を紹介します。

心の準備もしっかり整えよう

介護職は女性も多く人間関係が難しい職場です。仕事に慣れることも大切ですが、スムーズに働くためには人間関係が良好になるよう努力しなくてはいけません。経験者とは言え、はじめのうちは新人として扱われるため、新人らしく謙虚な気持ちで接するようにしましょう。また、復職したての頃はなにかと気合いが入りがちになってしまいますが、あまり気合いが入り過ぎてしまうと空回りしてしまうので注意が必要です。即戦力として期待されていますが、まずは仕事に慣れ、勘を取り戻すことから始めましょう。

ブランクを埋めるにはパート勤務も有効

いくら経験者とは言え、ブランク明けは仕事についていけるか不安に思うことも多いはずです。不安を感じるようなら正社員だけでなくパート勤務も視野に入れてみましょう。パート勤務は正社員に比べて給料は少なくなってしまいますが、勤務時間も短く責任も少ないため負担もそれほどありません。責任が少ないので余計なプレッシャーもなく、仕事の流れをつかんだり不明な点を質問したりなどブランクの間に起った変化に対応する時間も十分に取れるため、ブランクの不安も解消することができるでしょう。