ブランクからスムーズに復職するには準備が重要

復職までの流れを紹介します

介護職にブランクがある人に向けて復職に役立つ情報を紹介するサイトです。介護職に復職するなら現状を把握し、事前準備をしなくてはいけません。準備が整ったらパート勤務も視野に入れながら転職を検討しましょう。なお、当サイトに関するご質問やご不明な点はこちらからお願いします。

働く決意を固めたら事前準備を始めよう

働く決意を固めたら事前準備を始めよう

介護職に復職する意思が固まったら、復職に向けて事前にしっかりと準備しておきましょう。ブランク期間に崩れてしまった生活リズムを戻すために規則正しい生活を送ったり、ブランクの間に変更になった仕事内容についていけるよう勉強しておく必要があります。しかし、長く続けるためには職場環境が最も重要になるため、周囲の人たちと良好な人間関係が築けるよう努力しましょう。そのためには新人という気持ちを忘れずに年齢に関係なく謙虚な態度で接するように心がけなくてはいけません。

復帰に備えて規則正しい生活を

続きを見る

働いているときとそうでないときでは時間の使い方が違うため、生活リズムも変わってきます。復職に向けて準備するなら生活リズムを戻すことから始めましょう。生活リズムを戻すには規則正しい生活を送る必要があります。そのためには質の高い睡眠を取り、疲労や倦怠感を翌日に持ち越さないようにするといいでしょう。質の高い睡眠を取るためには就寝2時間前の行動がポイントになってきます。快適に眠りにつけるようスマートフォンの使用時間や入浴時間には気を配るようにしましょう。

復帰に備えて規則正しい生活を

心の準備もしっかり整えよう

続きを見る

仕事を長く続けていくためには職場環境、特に人間関係が重要になってきます。男性職員が増えてきたとは言え、まだまだ女性職員が多い介護業界にとって人間関係はその後の仕事を左右するほど重要なので孤立しないよう気をつけましょう。周囲の人たちと良好な人間関係を築くためには新人であるという気持ちを忘れずに謙虚な姿勢で接することが重要です。また、年齢も関係ありません。年下の職員がいたとしても先に働いている時点で先輩になります。タメ口ではなく敬語で話すようにしましょう。

心の準備もしっかり整えよう

勉強をしてモチベーションを上げよう

続きを見る

ブランクがあることの不安はなかなか拭い去ることができません。その不安を少しでもなくすために有効な手段の一つが勉強です。勉強することでブランクの間に変更されたことにも対応でき、仕事に対してのやる気も出るためモチベーションも上がってきます。ただし、ブランクを不安に思うあまり焦って無理なペースで勉強すると、精神的に追い込まれたり体調を崩したりする恐れもあるので注意が必要です。無理をせず自分のペースで進めるようにしましょう。

勉強をしてモチベーションを上げよう