まずは介護職の現状を知ろう

復職までの流れを紹介します

介護職にブランクがある人に向けて復職に役立つ情報を紹介するサイトです。介護職に復職するなら現状を把握し、事前準備をしなくてはいけません。準備が整ったらパート勤務も視野に入れながら転職を検討しましょう。なお、当サイトに関するご質問やご不明な点はこちらからお願いします。

介護業界の現状を知って不安を取り除こう

介護業界の現状を知って不安を取り除こう

ブランクがあり復職に躊躇しているならまずは現状を知ることから始めましょう。介護業界は年齢や経験は特に問われないにもかかわらず常に人材不足に悩まされているため、求人数も多く即戦力も求められるのでブランクがあっても戻りやすい環境です。また、資格を取得しているとより良い条件の職場で働くことができるので、ブランクが気になるようならまずは資格を取得してから復職してもいいでしょう。介護業界は離職率が高い業界でもあるので、再就職に向けた支援も整備されています。上手に利用して復職しましょう。

ブランクがあっても大丈夫

続きを見る

介護業界は人材不足に悩まされているため、未経験でも積極的に採用しています。そのためブランクがあるとは言え、経験者は即戦力としての期待が高まるため採用の確率も他の職種に比べて高くなります。しかし、どうしても不安が拭いきれないようであれば正社員ではなくパートや派遣として働いてみてもいいでしょう。就業時間も短いので体の負担も少なく、仕事の感覚を取り戻すためのリハビリにもなります。また、ライフスタイルの変化に伴い、扶養内や残業なしで働きたい人にもパートや派遣はおすすめです。

ブランクがあっても大丈夫

介護士の就職状況を知ろう

続きを見る

高齢化社会が進むにつれ、介護施設も増加しています。そのため介護業界では常に人材不足に悩まされています。しかし、いくら人材不足で競争率が低いとは言え、運営状況が良く手厚い待遇の施設は応募が殺到するため競争率も高くなってしまいます。その高い競争率を突破し、希望の施設に就職したいのなら資格を取得しておくといいでしょう。特に基礎的な介護職員初任者研修と長期的に働きたい人におすすめの介護職員実務者研修は取得しておきましょう。

介護士の就職状況を知ろう

今注目されている再就職支援

続きを見る

高齢化社会が進むにつれ、介護施設も増加しています。そのため介護業界では常に人材不足に悩まされています。しかし、いくら人材不足で競争率が低いとは言え、運営状況が良く手厚い待遇の施設は応募が殺到するため競争率も高くなってしまいます。その高い競争率を突破し、希望の施設に就職したいのなら資格を取得しておくといいでしょう。特に基礎的な介護職員初任者研修と長期的に働きたい人におすすめの介護職員実務者研修は取得しておきましょう。

今注目されている再就職支援