ブランク明けの転職を成功させるポイント

復職までの流れを紹介します

介護職にブランクがある人に向けて復職に役立つ情報を紹介するサイトです。介護職に復職するなら現状を把握し、事前準備をしなくてはいけません。準備が整ったらパート勤務も視野に入れながら転職を検討しましょう。なお、当サイトに関するご質問やご不明な点はこちらからお願いします。

準備が整ったら転職活動を進めよう

準備が整ったら転職活動を進めよう

転職を成功させるポイントはいくつかありますが、まずは希望の条件を整理することから始めましょう。条件が多すぎると目的を絞り込むことが難しくなるため、希望に合う転職を見つけることができなくなります。また、ブランクを不安に思うようであれば正社員ではなくパート勤務も視野に入れて転職活動をするといいでしょう。パートならば正社員ほど責任が重くなく、勤務時間も短いため仕事の勘を取り戻すには最適です。転職先を探す際は介護業界に特化した求人サイトを利用するといいでしょう。

ブランクを埋めるにはパート勤務も有効

続きを見る

ブランクを不安に思うならまずはパート勤務から始めてみましょう。正社員に比べて責任もなく勤務時間も短いため、仕事の勘を取り戻すには最適です。また、ブランク明けの復職は身体的にも精神的にも負担がかかるため、ある程度の余裕は必要になってきます。余裕がなければ気合いだけ空回りしたり、ミスを繰り返したりと信用を失うことにもなりかねません。仕事の勘を取り戻し、ある程度慣れるまでは教育体制のしっかりした施設かパート勤務をおすすめします。

ブランクを埋めるにはパート勤務も有効

介護に特化した求人サイト利用しよう

続きを見る

介護職の求人を探すのならこだわり検索機能の充実した、介護業界に特化した求人サイトをおすすめします。介護業界に特化しているため、ある程度絞り込まれた状態で検索することができるので他の一般的な求人サイトに比べて何度も絞り込んで検索する手間がいらなくなり、無駄を省くことができます。また、介護業界は人材不足で求人数も多いことから求人サイトも乱立しています。中には他のサイトと差をつけるため、就職お祝い金を設定している求人サイトもあります。

介護に特化した求人サイト利用しよう

希望条件を紙に書き出して整理

続きを見る

転職活動を成功させるためにも、まずは希望の条件を書き出して整理してみましょう。残業なしや最低限の収入ラインなどさまざまな条件がありますが、その条件を整理することでどのような目的で動いていくのか明確にすることができるため、転職先も探しやすくなります。明確な目的もなく曖昧なまま転職活動を始めると、希望の条件に適う転職先が見つからず失敗してしまう可能性があります。条件を整理したら優先順位をつけてみましょう。更に条件を絞り込むことができます。

希望条件を紙に書き出して整理